汗と制汗剤

汗と制汗剤について
どうしても汗を掻きたくない場合
普段汗が多いので少しでも汗を抑えたい
汗のエチケットとして
制汗剤は今や必需品といえるかもしれません。

制汗剤

制汗剤を使う方の理由は様々だと思います
制汗剤を使うシチュエーションや場所、時間帯人によって色々同じことなどありえません。
それでも汗を抑えるために制汗剤を求めます。

汗のこと制汗剤のことを更に知りお役にたてれば幸いです。

制汗剤とは

制汗剤はその名の通り汗を制する(抑える)ことを目的に作られたものです。
市販の制汗剤が色々な種類が売られています。薬局やドラッグストア、コンビニでも売られている今や必須アイテムのひとつといっていいかもしれません。

案外制汗剤の仕組みは知らなかったります。
では制汗剤の成分とはどのようなものなのか?
見ていきたいと思います。

制汗剤の成分と仕組み

代表的な制汗剤の成分はクロルヒドロキアルミニウムです
次にパラフェノールスルホン酸亜鉛
名前だけ聞いてもなんのことかさっぱりわかりませんが。
これらの成分は金属塩であり、汗がでる出口を塞ぐイメージだと考えればよいかもしれません。

古来からある制汗剤で有名なのがミョウバンです。
ローマ帝国のシーザーの時代から使われている歴史あるものです。

ミョウバンはアルミニウムを含んでいますので前出の汗の出口を塞ぐイメージと同じです。
日本では漬物に使われているくらい安全な素材です。
今でも薬局で売られています。ミョウバンでミョウバン水を作って制汗剤として使用する方法は今でもあります。

市販の制汗剤は、汗を抑えるだけではなく、デオドラント剤も配合されていて、臭いを抑える役目をもっています。
臭いの元となる雑菌を抑えるのが抗菌剤になります。
塩化ベンザルコニウム、イソプロピルフェノール、パラベン、ゼオライト、名前だけは聞いたことがあるようなデオドラント剤の成分だったりします。

制汗剤の注意点

制汗剤やデオドラント剤を効率よく使うのは現代社会では常識かもしれません。
しかしそこで注意したい点があります。

それは使いすぎは良くないということです。
汗の出口を塞ぐ制汗剤の成分もずっと出口を塞ぎっぱなしでは今度は発汗機能に支障をきたします。
デオドラント剤も臭いの元の雑菌を抑えていますがそもそもその雑菌が悪いだけのものではなく、更に害のある雑菌から体を守ったしています。

そう考えると制汗剤もデオドラント剤も適度に使用するのを控えて身体に負担をかけ続けないようにした方が良いでしょう。

あなたにおすすめの記事

   

 - 脇汗についての基礎知識 , ,