男性女性の汗の出方の違いについて

汗の掻き方とひとくくりにしてしまうと実はカバーしきれません。
色々な汗の掻き方が汗の出方があるからです。
汗を掻く状況から、男女差、気候の違い、就寝時、スポーツ時の汗の出方などなど
状況によって汗の出方が変わります。

汗の出方

汗はとても奥深いそしてなくてはならない身体機能なのです。
汗について参考までにすこし見ていきましょう。

気になる汗の出方。

男性女性の汗の出方の違い

男性と女性では汗の出方に違いがあるのでしょうか。
汗の出方に違いがあります。
男性と女性の身体の造りの違いから汗のでる出方が変わってくるのです。
女性は男性より基礎代謝が1割ほど低いのです。
ということは男性より女性の方が汗を掻きにくいということです。
なぜなら代謝という熱の生産量が少ないという事になるからです。
熱の生産量が少なければ体の温度変化に適応した汗の出方も少なくります。

女性は皮下脂肪が男性より多いので、身体の熱が体外へでるのが遅くなります。
熱を身体の外に出すのには遅いんですが、逆に気温が高い時や日射が強い時には断熱効果が大きくなります。

男性女性の発汗量

温熱性発汗というと、汗が出始める温度のことをいいますが
この場合女性は32℃、男性は30℃が汗が出始める平均値と言われています。
発汗量は男性の方が多くなります。

汗をかく汗腺の発達も男女に差があります。
男性の方が女性よりも発汗量があります。
男性の方がいっぱい汗をかくんですね。
身体の造りの違いにより、男性、女性は違う汗の掻き方をするようです。

汗という身近な身体機能も調べるといろいろ奥が深い事が分かってきます。

女性は女性の汗対策があるという事に繋がる気がします。
男性を意識しすぎるのもどうかと思いますが、女性らしく柔軟に汗に対応したいですね。

ファッションや日常生活の装いにもちょっとした女性の汗の掻き方の特徴をしっておくと、役立つかもしれません。

汗の出方の知識になれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

   

 - 脇汗についての基礎知識