通勤時の気になる脇汗

電車通勤やバス通勤など人がたくさん乗車する乗り物では車内が暑くなります。
人がいればいるほど熱量があがります。

電車が満員電車やバスが満員バスのときなどあきらかにムシムシして熱いですね。
じとーっと汗が流れてきても不思議はありません。

電車通勤時の気になる脇汗

満員電車にかけこむ

電車の時間にぎりぎりに小走りに走ってきたりすると汗ばんで息も上がります。
そんな状態で電車の吊革につかまれば脇から汗が流れてきて気になるのも当然です。

バス通勤時の脇汗

バスでも同様の事が起こります
バス通勤の経験からバスはさらに厳しい状況になったりします。
それは、バス停での待ち時間、容赦なく直射日光が照りつけてくるからです。
中には多少なりとも日陰ができる日避けのような屋根があったりしますが(本来は雨よけだと思いますが)それでも日差しが斜めに入って身体に当たれば暑いんです、そして汗をかくんです。
バスに乗り込んだ後も座るにしろ吊り革につかまるにしろ、バスの窓から入り込んでくる日光がこれまた強いので汗をかくんです。

つまり電車でもバスでも同様に汗をかく状況が発生し、脇汗対策が必要になるのです。

吊り革

電車・バスの脇汗対策

一般的な脇汗対策とは
脇汗対策は汗取りパッド付きインナーが一般的です。
さらに脇汗をかく前に制汗クリームを脇に塗って汗を抑制する方法があります。

汗をかく季節になる前に準備しておきたいですね。

あなたにおすすめの記事

   

 - 脇汗についての基礎知識 , ,