汗とあせも

あせもはどのようにできるのか

あせものできる原因は、汗が汗管を通る際、皮膚に汗が溜まっていると汗管が炎症を起こしてあせもになります。
通気性が悪い服や、シップや絆創膏をしたところにでやすくなります。
服がこすれる部分や石鹸の刺激でも起こることがあります。

あせも

あせもの出来方は3通り

あせもは汗が皮膚にの中の溜まる場所によって種類がかわります。
一番皮膚の浅いところにできたあせもは小さな水疱のような白いあせも。
二番目の深さのあせも、皮膚の表皮内に汗が溜まったあせもは赤いあせもになり痒みがともなう。
三番目の深さのあせも、こちらは真皮内に汗がたまり炎症を起こす。熱帯地方で見られるあせものようです。

あせもの対策

あせもの対策は一番は汗を大量にかかないこと、もちろんそれは難しい場合もありますし、無理なときもあります。そのようなときは、汗が蒸発しやすい服を選び、皮膚を清潔にする事です。

汗をかくということは不快感を伴うことがおおいです、そうならないためにも汗の対策が大事です。吸湿速乾性の衣類が多くでまわるようになりました、服の素材や着方に気をつけて汗を蒸発しやすく通気性を良くしたいですね。

汗とあせも対策への一助となれば幸いです。

あなたにおすすめの記事

      2016/10/23

 - 脇汗についての基礎知識 ,